異音の原因

2014年06月16日

こんにちは、サービスの渡邊です。

今回はC230コンプレッサーの異音修理です。

エンジンを掛けるとすぐにガラガラと異音がします。

エンジンルームをのぞいてみると、ベルトテンショナーのプーリーが斜めになっていたので、すぐにエンジンを止めました。

テンショナープーリーのベアリングがバラバラになっていました。

テンショナーショックのカラーも外れていたので交換します。

テンショナー本体もプーリーの接触後があるので交換します。

さて、すべて組み上げてエンジンを始動すると、ガラガラ音は消えましたが、なにかパスパス音がします。

よく聞き耳をたててみると排気もれの様な音です。

原因はエキゾーストマニホールドのクラックでした。

新品はかなり高価なので、溶接で対応しました。

ガスケットも交換して組み付け後は静かになりました。

この記事へのコメント

名前
メール
URL
コメント


   画像に表示されている文字を半角英数で入力してください。
   
   

カレンダー

<< 2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ内検索